【山梨県護国神社】

山梨縣護國神社は、山梨県甲府市にある神社。
西南戦争以来の山梨県関係の戦没軍人・軍属の英霊を祀る。
明治12年(1879年)、招魂社として市内太田町に建立されたのに始まる。昭和17年(1942年)に現在地に遷座し、
昭和19年(1944年)、山梨縣護國神社に改称した。戦後の一時期、山梨宮に改称していた。現在「山梨宮」は、
山梨県出身の殉職自衛官などを祀る摂社の名前になっている。
現鎮座地は柳沢吉保の菩提寺・永慶寺の跡であり、近くには武田神社がある。また、山梨県内有数の桜の名所として
も知られている。