【井伊神社】

天保13年(1842)に彦根藩12代藩主井伊直亮が、井伊家の始祖井伊共保の750回忌にあたり、井伊谷(現静岡県)
八幡宮から井伊大明神を分霊して神像を造り、龍潭寺の参道脇に祀ったのがはじめとされる。
また、彦根藩初代藩主直政・彦根藩2代藩主直孝も祀られている。
現在は、風化による傷みが激しいため覆いをしており、中を拝観することはできなくなっている。