【山方城】

応永15年(1408)、関東管領上杉憲定の子 義憲(のち義人と改称)が佐竹氏を継いだとき、後見として美濃国山方
(岐阜県山県市)から常陸国に入った上杉一族の山方能登守盛利が居城としたと伝えられている。
その後、佐竹氏15代義治の第5子・東政義の居城となったが、ほどなくして東氏は小里(常陸太田市)に移ったと
される。

佐竹系の城館の特徴といえる、川を望む舌状台地上に位置し、西側には高館山、南側には皆沢川が流れる要害の地
である。
現在、櫓が展望台として復元されている御城(みじょう)と呼ばれる台地東端が主郭で、そこから西に向かって中ノ城
(なかのじょう)、外城(とじょう)が形成されている。
郭の間には空濠の跡もあり、畑や宅地になった現在でも遺構がよく残っている。
この御城・中ノ城・外城が日常の居館であり、西側にそびえる高館山は本城部分が落ちた際の詰めの城である。
高館山中には、連郭式(濠や土塁などで区切られた区画が直線状に連なる城の形式)の城跡が現在でも確認される。
城内には、市内の中世城郭跡同様、戦に備えて植えたとみられるヤジノ(ヤダケ)が群生している。

御城の南麓は現在「根小屋」という字名で呼ばれており、家臣の居住区であったことがうかがえる。
根小屋地内の皆沢川にかかる橋は「嘆願橋」と呼ばれ、城内に入ることを許されなかった庶民は、この橋で嘆願した
と伝えられている。この嘆願橋から南郷街道を通って御城大手口に至る道は、戦国期の山城の雰囲気を色濃く残して
いるといわれている。